こんにちは。
私達はこれまでセミナーや研修を通じて、
全国各地の保険営業パーソンとお会いし課題や悩みを聞いてきました。
その中でみなさんが共通して感じている大きなテーマがあることに気づきました。

個人マーケットから法人マーケットへのシフトチェンジです。
個人マーケットで成功できたとしても
契約単価は低く、既契約者が増えればフォローも大変になり
精神的、体力的に限界を感じている方が非常に多いです。

だからこそ
法人マーケットへのチャレンジを考えます。

しかし、
個人マーケットと法人マーケットでは勝ちパターンは全く異なります。

「社長に会って商談する機会さえ作れれば契約ができるのに・・・」
これは法人マーケットにチャレンジする保険営業パーソンがよく口を揃えて行っている言葉です。

保険一辺倒のアプローチトークではなかなか会ってもらえないのが現実です。

そこで必要になってくるのが「マーケティング」という考え方です

法人の社長と会うためのノウハウと
法人の社長に保険を売るノウハウは違う

ということを理解してください。

 「会う」と「売る」の違い

あなたはすでに商品知識やセールストークなど法人保険を売るためのノウハウは持っているかもしれません。

では、
法人の社長があなたに会いたいと時間をつくってもらうためのノウハウや
コンテンツを持っていますか?

法人保険は決定権者である社長に対して
自信を持ってアプローチできるノウハウやコンテンツが
必要です。

マーケティングと聞くと少し難しく感じるかもしれませんが
シンプルに法人の社長と「会う」ための方法
と捉えてみてください。

どんなにセールスが優れていてもそれだけでは法人保険は売れません。

マーケティングが必要不可欠なのです。

実は保険マーケティング大学校の校長である花田敬は昔からクロージングが苦手でした。

だからこそ、
クロージングしなくても法人保険が売れるように
マーケティングを強化して大成功しました。

ここで少し花田の実体験を紹介させてください。

=============================

こんにちは。保険マーケティング大学校 校長の花田敬です。

私はもともと大手商社の出身です。
商社時代は年間2億円の利益を叩き出したこともあり、「優秀な営業マン」としての自負がありました。

華々しい業績を見たソニー生命からヘッドハンティングされ、保険業界へ転職したのです。
しかし、転職後しばらくは成果を出せずに苦しみました。

ソニー生命では、従来の保険営業とは違う新たな提案型スタイルを追求していました。

苦労して個人のお客さまを相手に取ったアポイントも、うまく商談が進まない。
「保険はいいから、テレビやゲーム機を安く売ってよ」と言われたこともありました。
苦しさのあまり、出社拒否したこともありました。
フルコミッションなのに売れず、
預金残高が5000円を切ってしまうような状態だったんです。

個人向けの紹介営業を繰り返す日々。

忙しく飛び回っていても、毎日不安でした。
新規見込客をご紹介いただいても、
契約はどんどん小粒になっていきました。

そこで、私は「どうせ売れないなら、せめて人と違う営業戦略を試してみよう」と
考えることにしました。

飛び込み、テレアポ、紹介で必死に見込客を追い続ける営業スタイルではなく、
見込客が私を必要として声をかけてもらう方法を模索し、
色々なことをやってみました。

そんなとき、ある会計事務所から頼まれて、
私が「マネーセミナー」の講師を務めることになりました。

その会計事務所は、新規の顧問先を獲得したいと考えており、
社労士を呼んで「助成金セミナー」を開催することで見込客獲得を狙っており、
2部構成で私がマネーセミナーを担当することになったのです。

初めての試みでしたが、予想以上に好意的な反響をいただき、
その後は会計事務所の中で「セミナー」を定期的に開催できるようになりました。

保険営業マンではなく、
セミナー講師として自身のブランドを確立し、
驚くほど簡単に見込客が開拓できるようになったのです。

ソニー生命に転職した2年目からは、
セミナーへの参加や、経営者、士業の方々との契約で大忙しでした。
3年目には、全国表彰されるほどの実績を残すことに。

今、思えばこの経験が私をマーケティング脳に目覚めさせるきっかけとなりました。

保険を「売る」ことではなく、法人の見込客と「会う」ことにスポットを当て、
様々な知識やノウハウを勉強し、実践するという必勝パターンを確立させ、
自分でも驚くほどの売上を上げることができたのです。

=============================

私たちは花田が確立してきた
保険マーケティングのノウハウを全国の保険営業パーソンに教えています。

このノウハウを活用して、法人保険でトップセールスへと昇り詰めた方がたくさんいます。

法人保険は「マーケティング」という発想を持つことで驚くほど簡単に売れるようになるのです。

このような背景から全国の保険営業パーソンが24時間いつでもWEBでどこにいても
法人保険のマーケティングを学べる会員制のサービスを始めました。

それが保険マーケティング大学校です。